オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『監視者たち』

감시자들(Cold Eyes), 119min

監督:チョ・ウィソク、キム・ビョンソ 出演:ソル・ギョングハン・ヒョジュ

★★★

概要

韓国警察“監視班”。

短評

韓国製アクション・スリラー。香港映画『天使の眼、野獣の街』のリメイクだそうである。街中に張り巡らされた監視カメラの映像を手掛かりに容疑者を追うという状況自体は多くの映画で見かけるものの、“The Guy in the Chair”に甘んじがちな人々を主役としている点が珍しかっただろうか。テンポの良いストーリー展開とそれなりに迫力あるアクションの組み合わせでエンタメ作品としてのツボは抑えてあるが、人物描写がかなり“TVドラマ的”であり、今ひとつノリきれないところもあった。

あらすじ

ソウル市内で爆発テロを陽動に利用した銀行強盗事件が発生する。“ハヤブサ”ことファン・サンジュン班長率いる監視班は、監視カメラに映っていたデブ“水飲みカバ”の行方を探し、“影”と名付けた首謀者へと繋げようとするも、なかなか居場所が掴めない。しかし、監視班の新人“子豚”ことハ・ユンジュ(ハン・ヒョジュ)が、その抜群の記憶力を武器に次の犯行を防ぐべく容疑者を追う。

感想

班長ソル・ギョングが一番上にキャスティングされているが、明らかに主役はユンジュである。まだまだ未熟だけど超優秀な女性主人公が、口は悪いが根は優しい上司や頼りになる同僚たちに見守れながら成長し、最後は犯人逮捕へと導く。こうした設定自体は珍しくないと思うものの、本作は「頑張れ、私!」な安っぽさが尋常ではない。ユンジュの垢抜けなさを表現するための“外ハネ髪型”はかなり不自然だし、班長に褒められての「やった!」みたいなリアクションも鼻につく。彼女の“手癖”なんて何の意味もないキャラ付けのためだけのキャラ付けである。「どうせ女しか見ないから」と割り切って女性視聴者向けに制作されているTVドラマのようである。

「あー、これは苦手なやつだわー」「韓国映画はレベル高いイメージだけど、一般大衆をターゲットにすると日本と変わらないのかー」と観始めたことを後悔したが、監視カメラ分析班が主体となって犯人を追う物語自体は面白い。割と簡単に手下たちを捕まえてしまって“追いかけっこ”だけになってしまったのは残念だったが、“影”を追う場面はスリルがあった。分析班が現場に出ていく必要があるのかは疑問があるものの、一人が犯人と接触&確認し、すかさず仲間が合流して指紋回収と監視カメラ設置していくチームワークを披露する場面が好きだった。

ただし、“現場に出る監視班”という点ではやはり無理が生じている。班長が最後に影を撃つ場面では「お前がやる必要ないだろ」と思ってしまい、クライマックスに無理やり盛り上げようとしている感がありありだった。これも「監視以外には何もできないの?」という新人ユンジュの戸惑いを雑に回収するために用意された場面であり、やはり「頑張れ、私!」なのである。

韓国映画お得意のカーチェイスは普通に迫力があって良かったのだが、“監視”という任務は、たとえ映像分析班以外が街に出ようとも、やはり地味になりがちである。画面に動きを作るため、本作はカメラがよく動いているのだが、“グルグル”をやり過ぎで笑ってしまった。ユンジュが容疑者の姿を探して周囲を見回す。ここで彼女の周りをカメラがグルグルするのはよいだろう。しかし、彼女と班長が会話するだけの場面でも二人の周りをカメラがグルグルするし、“影”が屋上から双眼鏡で状況を観察する場面でも“彼の周り”をグルグルする。グルグルが好き過ぎる。

無線の通信をオンにしたままお花を摘みに行き、班の全員に音を聞かれてしまうユンジュ。果たして、「しっかり拭いてこいよ」という忠告はセクハラに該当するのか。本人を傷つけずに指摘するには何と言うのが正解なのだろう。「新人が可愛い」と言っていた男はおかずにしただろうか。

「梨泰院」は「イテウォン」と発音するらしい。

監視者たち(字幕版)

監視者たち(字幕版)

  • 発売日: 2016/02/04
  • メディア: Prime Video