オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『グッド・ボーイズ』

Good Boys, 89min

監督:ジーン・スタプニツキー 出演:ジェイコブ・トレンブレイ、ブレイディ・ヌーン

★★★

概要

ミッション:キスゲーム・パーティーに参加せよ。

短評

これくらいの下ネタを子供にやらせっちゃても大丈夫なんだという驚きのあるコメディ映画。実際にはドギツいネタもあるのに、子供なのでそれをよく分かっていないというアンバランスさが可笑しかった。今どきの小学六年生にしては幼すぎるような気がしなくもないのだが、なんとも微笑ましい下ネタ映画である。ただし、ただ阿呆な笑いに徹するばかりではなく、この手の“少年映画”の定石を覆す“大人な結末”が待っていて、その納得感には感心させられた。

あらすじ

お年頃な小学六年生のマックス。いつも一緒の親友ソーとルーカスと結成している“ビーンバッグ”はイケてないグループだったが、ある日、イケてるグループのパーティーからお呼びが掛かる。“キスゲーム”も開催されるというパーティーには憧れブリクスリーも参加するらしいが、三人ともキスの仕方がさっぱり分からない。そこで、彼らはキスを事前にキスを学んでおくべくドローンを使って上級生のキスを覗き見しようとするものの、父親から使用禁止を通達されていたそれを壊してしまう。

感想

三十郎氏には未知の世界であるキスゲームなるものが登場するパーティーがメインの話なのかと思ったが(小学生のくせにマセやがって)、出席するまでの奮闘を描く定番の展開だった。盗撮相手のリリー(ミドリ・フランシス)とハンナ(モリー・ゴードン)からドローンを取り戻し、パーティーの参加許可を得るというのが大筋である。その過程で各種下ネタを仕込んでくるわけだが、ディルドやアナルビーズが普通に登場している。ネット世代の少年たちがこれらのアダルトグッズに対して全くの無知だったり、ビールを飲むのにビビっているのは幼すぎるような印象を受けたのだが、ある意味では“古き良き少年像”である。この無邪気さが後述の先進性とのギャップを生んでいる。

時代である。必殺ワード「PORN」で検索して出てきた動画にはキスシーンがなかったことから(キスシーンくらいなら全年齢用の映画でも見られるだろうに)、心肺蘇生人形(=ダッチワイフ)での実地訓練に挑む三人。ここでルーカスが一言。曰く、「キスする前には相手の同意を得るって学校で習っただろ」と。最近の学校ではそんな事を教えているのか。真に受けすぎた奥手なオタクを量産しないのかが心配ではあるが、なんとも先進的である。この世代が大人になる頃には我々の常識は通用しなくなっているかもしれない。なお、この人形の口には“毛”がついている。

対立もありはしたが、最後は揃ってパーティーに出席する三人。普通はマックスがブリクスリーとキスしてめでたしめでたしだと思うのだが、本作は一味違った展開を見せる。パーティーに出るまでの過程で親友三人にも実は意識のズレがあることが分かり、「親友だからいつもいつまでも一緒」という考えが解消されるのである。それぞれに進みたい道へと進むが、何かあれば集まる。そういう意味でビーンバッグは永遠となる。高校か大学くらいで達しそうな、なんとも大人な結論ではないか。きっと多様性の時代故の人生の選択なのだろう。子供とは思えぬその結論は、これからを生きる者に必要な相手の尊重の仕方を象徴しているのだった。キスゲームに対しては「マセやがって、クソガキめ」という嫉妬しかないが、価値観の面では良い意味でマセている。

この結末から逆算すれば、キス自体はそれ程重要でなかったことが容易に分かる。それを象徴するかのように、マックスは「彼女と結婚するんだ」とまで心に決めていたブリクスリーにあっさりとフラれ、彼女の親友テイラーとくっつく。そのテイラーにもあっさりとフラれ、スカウトという少女に乗り換える。モテるのかモテないなのか謎のキャラクターだった。その波乱万丈の人生が、ソーが主演を務めるミュージカル『ロック・オブ・エイジズ』の大げさな曲に乗せて描かれる。やっぱりマセすぎじゃないですかね。

リリー&ハンナとのドローンとドラッグ“モリー”を巡る戦いの描写の中では、リリーが女ターミネーターの如く走って追ってくるシーンが(おっぱいが揺れていて)好きだった。なお、リリーはビール三口の記録を持つイケてる男子ソーレンの姉で、キスゲームから抜け出してリビングにいたルーカスとソーの相手をしてくれる。モリーでハイになった状態で少年たちに絡む姿は完全におねショタであり、地下室で開催中のキスゲームとどちらの方が羨ましいのか判断に悩む。

ちなみに、“ビーンバッグ”というのは股間にぶら下げた豆袋から命名されている。なかなかのセンスである。

息子がオナニーをしている事に気づいたマックスの父が一言。曰く、「オチンチンは最高に楽しめるぞ!」

グッド・ボーイズ (字幕版)

グッド・ボーイズ (字幕版)

  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: Prime Video