オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『PARKER/パーカー』

Parker, 118min

監督:テイラー・ハックフォード 出演:ジェイソン・ステイサムジェニファー・ロペス

★★★

概要

強盗が強盗から強盗する話。

短評

割と流血が多めで激しい暴力描写のハードなアクション映画(レーティングはPG12だが)。原作のタイトルからも分かる通り、ステイサムが“悪党”を演じているのが特徴の一作である。もっとも、主人公はセオリー通りに“悪くない悪党”であり、自分の信念を貫いて戦う“いつものステイサム”だったと言えよう。ステイサム主演のアクション映画としては少々長尺なのだが、その理由となっているジェニファー・ロペスの出番の多さが物語にあまり寄与していない点は残念だった。

あらすじ

オハイオ州のお祭り会場での強盗を成功させたパーカー(ジェイソン・ステイサム)。しかし、その資金を元手とした次の強盗計画を断ったことから、メランダーらの仲間にリンチされてしまう。一命を取り留めたパーカーは、自分が手にするはずだった分け前を、そして仕事の秩序を取り戻すため、裏切り者への復讐を誓う。彼らがフロリダで強盗を働くつもりだと突き止めたパーカーは現地へと向かい、不動産営業のレスリージェニファー・ロペス)と出会う。

感想

冒頭の強盗現場でパーカーは次のように語る。曰く、「庶民からは盗まない」「無駄に人は殺さない」と。「悪党だけど悪い奴じゃないよ」的な“主人公アピール”は型通りで陳腐に感じられるものの、スーパーパワーが出てこないだけで、ステイサムの“ヒーロー映画”なのだから仕方あるまい。顔つきが厳つくて犯罪者役が似合うが、基本的にはトム・クルーズの映画と変わらないのである。

ただし、「悪い奴じゃないよ」という言い訳はなされているものの、冷静に考えるとやっぱり悪い奴である。一命を取り留めたパーカーは病院から抜け出し、救急車を盗んでセルフ治療。住居に不法侵入して服と銃を頂戴し、車も盗んで移動。小切手現金化店で強盗して現金を入手し、ここでもう一度別の車を盗んで乗り換える。フロリダ編が始まる前から犯罪し放題である。小切手店では「保険が下りるだろ」と言い、瀕死の状態から救ってくれた夫婦には後でたっぷりとお礼をしたようだが、他の盗まれたり脚を撃たれた人からすれば立派な悪党である。これはキャラクターの複雑性というよりも、単に設定が雑と言うべきだろう。

本作ではステイサムの二つのコスプレが見られる。一つ目は、オハイオでの“神父”役。カツラを被っていることで“最大の特徴”が隠れているため、後で通常時のパーカーに会っても彼と気付かない完璧な変装である。二つ目は、フロリダでの“テキサス男”役。明るい色のスーツ、テンガロンハット、派手な靴の悪趣味な組み合わせが“成金な南部男”を感じさせたが、訛りについては“ウディ・ハレルソンのモノマネ”の域を出ておらず、それが原因か否かは不明だが、レスリーに正体を見破られている。

自称ダニエル・パーミットの正体が家を買いに来た金持ちではないと看破し、パーカーの仕事の現地協力者となるレスリー。正直に言って、協力者としての彼女が役に立っているとはあまり思えず、そもそも存在自体が必要ではなかった気がする。パーカーにはクレア(エマ・ブース)という妻がいるため、バツイチアラフォー女の必死のアピールは無残なまでの空振りに終わり、大きなお尻が目を引くという以外にはヒロインとしての存在価値が疑わしいキャラクターだった(ちなみにレスリーもパーカーの尻に注目する。欧米は尻文化だ)。最後はパーカーが彼女にきっちりと“分け前”を払い、「金のためだけに動いているわけじゃない」というアピールに使われているのだが、これは少々クドい。

なお、クレアが短い出演シーンの中で二回もおっぱいを披露しているのに対し、レスリーは大してセクシーでもない下着姿を一度披露するのに留まっている。下着の中に盗聴器が隠されているかもしれないぞ。ちゃんと調べろ。

アクションシーンの中では刺客との戦いが面白かった。ナイフ使いの相手に対し、パーカーが“左手ガード”するシーンが痛々しい。全体としては“ステイサム無双”なのだが、今回はボロボロになるまで追い込まれているのが印象的である。なお、その刺客だが、クレアにはあっさりと逃げられるし、ナイフではなく銃を使っていれば完全に不意をついた最初の一撃でパーカーを仕留められていたしで、割と間抜けだったと思う。犯罪者一家の娘クレアは色々と凄かった。レスリーにパーカーの相手は務まらない。

裏切り者のメランダーが“格好悪いハゲ”である。神父コスプレの場面と併せて、ステイサムがいかに“格好いいハゲ”なのかがよく分かる粋な演出である。

PARKER/パーカー (字幕版)

PARKER/パーカー (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video