オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『独ソ戦 絶滅戦争の惨禍』大木毅

概要

第二次大戦のドイツvsソ連

感想

近頃、ロシアの戦争映画を少しずつ観るようになり、少しくらいは背景や歴史的位置づけを知っておきたいと思って手に取った一冊。話題になっていただけあって面白かった。

これまで、日本で得られる独ソ戦についての情報は、専門家向けの研究書かドイツ軍人の回想録のどちらかばかりだったとのことである。その内、一般人が読めるものは後者に限られていたのだが、これがドイツ軍人の「我々は悪くない。全部ヒトラーが悪い」という“歴史修正主義”の産物だったらしい。そこで本書は、“史実として確定”していることを中心に記述し、独ソ戦を理解するためのスタートラインに立てるようにしようという試みを行っている。

修正された歴史の方も知らなかった三十郎氏にとしては、“まともな本”から入れてよかった気もするし、検証能力を持たないのだから本書を“まともな本”と認定してよいのか分からないような気もするが、ダメな本なら話題になった時点で叩かれているはずなので、きっと大丈夫なのだろう(著者の業績には学術誌への投稿もあるようだし)。

独ソ戦は何故、歴史上稀に見る数の犠牲者を出した“絶滅戦争”へと至ったのか。ナチス・ドイツは「アーリア人スラヴ人」の価値観で「劣等人種は殲滅すべし」と悪行の限りを尽くし、対するソ連は「それならこっちだってやり返してやる!」と報復を正当化する「大祖国戦争」を打ち出した。かくして、軍事的合理性の下で行動する通常戦闘から、相手の絶滅を目的とするイデオロギー主導の「世界観戦争」へと逸脱したのである。

独ソ戦の軍事的展開については、正直に言って、掲載された地図を眺めつつ「まあ、こんな感じで進行したのか」程度にしか理解できていないものの、各作戦の方針の採用理由については、政事・経済・軍事の国内事情を交えて分かりやすく説明されており、とても納得感があった。また、戦争の全体像としての、ドイツ敗北の不可避性についても分かりやすかった。

「軍事オンチのヒトラーが出しゃばったせいで負けた」というのが、長らくドイツ国防軍OBたちの主張していた内容である。これに対して本書は、確かにヒトラーが無能だったことを指摘しつつも、国防軍ヒトラー同様に自軍を過大評価し、また、相手を過小評価していたと断じている。しかし、負けたドイツのポンコツぶりもさることながら、勝ったソ連スターリンも大概なのが印象的だった。彼は、信頼性の高い侵攻情報を無視して初動を遅らせ、また、大粛清によって自らの戦力を削って苦戦に追い込まれている。他人事だと思えば喜劇である。

本書にも少しだけ言及があるのだが、「歴史修正主義」と聞いて、自国のことを考えないわけにはいくまい。また、ドイツ国民の“共犯者”としての性格についても(「ドイツではこんなにも反省しているのに、日本は~」なる言説がよく見られるが、あちらも同じ事をしていたらしい)、「国民は被害者」という日本国内に跋扈する現実逃避との一致が見られる。上述の通り、検証能力を持たない者にとっては何が“史実”なのかを理解することは困難だが、だからと言って、自分にとって都合の良い言葉にだけ耳を貸すことの危険性は認識しておかねばなるまい。

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)

独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書)