オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『恐怖の報酬【オリジナル完全版】』

Sorcerer, 121min

監督:ウィリアム・フリードキン 出演:ロイ・シャイダーブリュノ・クレメール

★★★

概要

トラックでニトログリセリンを運ぶ話。

短評

同名のフランス映画のリメイク版。【オリジナル完全版】とあるのは、1977年の劇場公開時には北米版と国際版で長さが30分も違っていて、2013年にリマスターした上で全長版が公開されたのがその理由なのだとか。“本編”が始まるまでの冗長さや基本的なストーリーラインは同じなのだが、パッケージにも使用されている吊橋を渡るシーンがとにかく圧巻である。この場面を撮るためだけに制作された一作なのではないかとすら思えてくる。緊張、迫力、恐怖が高度に入り乱れており、このシーンのインパクトは明らかにオリジナルを超えていたと思う。

あらすじ

イスラエルでバス爆破テロを起こし、仲間たちが捕まる中で逃げ出したカッセム(偽名マルティネス)。破綻と逮捕待ったなしの状況に陥ったフランスの銀行家ヴィクトル(偽名セラーノ)。そして、ギャングとの繋がりのある教会に強盗に入ったジャッキー(偽名ドミンゲス)。それぞれの事情を抱えた三人は南米に逃げ延び、石油会社で働いていたが、劣悪な環境から国外に出たいと考えていた。そんな折に油井で爆発事故(=テロ)が発生し、消火に危険なニトログリセリンが必要となる。高額の報酬に釣られた三人に殺し屋の男を加えた四人が二手に別れ、トラックの荷台に危険な爆薬を乗せて300km超の道を進む。

感想

はっきり言って序盤は退屈である。テロリスト、銀行家、教会強盗と脈略のない展開が何の説明もなく続き、「え、お前ら誰だよ?」「て言うか、ここからどうやってニトログリセリンを運ぶ話になるんだよ?」と、置き去りにされている感が強い。結局はこの三人がドライバーに選出されるため、“人物の背景の紹介”だったということになるのだろう。この冗長さまでオリジナル版を踏襲しなくてもよかったのではないかと思うが、一応は運搬のシーンに活かされている設定もあった。

人物紹介が30分、南米での生活が30分。南米での生活は、爆発事故の迫力がニトログリセリン爆発の恐怖へのアンカーとして機能していたり(バス爆破テロも同種の演出と言えるか)、事故の犠牲者を乗せたトラックに民衆が押し寄せる場面にまた違った種類の恐怖があったりと、人物紹介に比べると見所が多かった。ボロボロのトラックを整備するシーンにもワクワクさせられる。そして、ようやく“本編”開始である。

崖沿いの狭い未舗装路を進み、トラックの重みに耐えきれない木製の道を乗り越え(ここのギリギリ感もなかなかのもの)、遂に件の吊橋へ到着。人が歩くだけでも崩れ落ちそうなボロボロの吊橋を、重いトラックが軋ませながらジリジリと進んでいく。それだけでも十分に怖ろしい状況なのに、嵐の中を進まねばならないというのだからとんでもない。このシーンでは橋が何度も大きく揺れては傾いており、どうして転落しないのか不思議なくらいだった。撮影時に事故は起きなかったのだろうか。一台目の踏破後、二台目が進む時に川を流されてきた木の枝の塊がトラックを襲うのだが、まるでホラー映画の怪物が登場したかのようだった。

吊橋がピークであることは否定できないものの、もう一つの見所は倒木の爆破シーンだろう。オリジナルでは落石だったが、本作では木である。この倒木を爆破するための“仕掛け”がなかなか面白くて、ここは爆弾に詳しいテロリストがメンバーにいる設定が役に立った形だろうか。

登場人物の背景には必要以上に長々と尺を取っているのに対し、仕事中の四人の関係性についての描写はあっさりしていただろうか。会社的には二台の内の一台が辿り着けばよかったり、死人が出ればその分一人あたりの取り分が増えるという設定は“危険”とは別の方向からスリルを盛り上げられそうなものだが、先に吊橋を渡りきったジャッキーが「あいつらには無理だろ。報酬総取りだぜ!」と喜んでいるくらいのものだった。これをドラマの面の弱さと受け取ることもできるだろうが、状況が状況だけに“それどころではない”と捉えるのが妥当だろう。なお、死んだ方が報酬が増えて嬉しいはずの“仲間”たちが本当に死んでいき、ひとり残された者はホラー映画状態になっていた。

運搬が始まってからはハラハラしっぱなしで思い至らなかったのだが、映画が終わってから思い返してみると、ニトログリセリン爆発への恐怖は意外に薄かったような気がする。木製道路が沈み込む場面なんかではドキッとするが、吊橋の場面なんかはニトロとは関係なく“落ちたら死亡”だった。

仮に劇場公開版が本編開始前の1時間を半分に削っていたとすれば、もしかするとそっちの方が面白かった可能性もないだろうか。

恐怖の報酬【オリジナル完全版】(字幕版)

恐怖の報酬【オリジナル完全版】(字幕版)

  • 発売日: 2019/09/18
  • メディア: Prime Video