オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『ゲット・デュークト!』

Get Duked!(Boyz in the Wood), 86min

監督:ニニアン・ドフ 出演:ルイス・グリッベン、リアン・ゴードン

★★★★

概要

ウサギのフンでハイになる話。

短評

Amazon Originalのサイケデリック・ヒップホップ・スカトロ・ホラー・コメディ。紹介文に「政治観」の一言があるために説教臭い映画なのかと不安になったが、怒涛の阿呆映画だった。ハイランドの(薄暗くて)風光明媚な大自然を舞台に、阿呆たちが事件が巻き込まれる一作である。序盤は三バカの阿呆ぶりで笑わせながら不穏な雰囲気を漂わせ、いざ“公爵”と呼ばれるハンターが登場すると、それまで以上に阿呆な展開を見せる。最初から最後までひたすら阿呆だった。

あらすじ

エディンバラ公アワードの獲得を目指し、ハイランド地方での野外活動に訪れた四人の高校生。ディーン、ダンカン、DJビートルート(本名ウィリアム)の三人は、ダンカンがトイレを焼いた罰で強制参加させられている阿呆である。ぼっちのイアンだけが入試に有利になるため自主参加している。彼らが目的地のキャンプ場を目指して歩いていると、突如として謎のハンターの襲撃を受ける。

感想

三バカと常識人の組み合わせと見せかけて、それ以外の登場人物を含む全員が阿呆という一作である。ハイにならなくても阿呆なのだが、阿呆がハイになって更に阿呆になり、果てしなく阿呆な戦いを繰り広げる。謎のハンター“公爵”の「弱者を淘汰する」「勝つのは常に我々」といった発言から、阿呆なコメディを装って世代間対立や階級格差を描いていると示唆される部分があるものの、戦いのオチの雑さを考えればそれは間違いだろう(その路線なら農夫との共闘を最後に持ってくるはず)。このオチを筆頭に車の使い方の雑さが好きだった。

「ホラー」と「コメディ」で上手くバランスを取るのではなく、「阿呆」と「阿呆」と「阿呆」と(以下無限)でバランスを取らずに、「阿呆」を乱れ打ちしてくる。ベタな小ネタもいちいち笑える(ダンカンの“フォーク”にイマイチ盛り上がれないイアンが好き)。ドラッグやヒップホップといった若者らしい要素に満ちたノリと勢いで攻めるコメディなのだが、壮大な自然を背景にしているミスマッチ感がまた笑えるのであった。

最も目立っていたのは、DJビートルート。ギャングスタ系ラッパーを気取っているが(トレッキングに真っ白な服で来て汚れるのを気にしている)、実際には金持ちのボンボンでビビリである。黒人ですらなく、恐らくはインド系である。その上、一生懸命考えた芸名を「野菜の根っこじゃ……」と否定されてしまう(タトゥーまで入れたのに)。そんな彼が宣伝活動として配ったサンプルCDを農夫(ジェームズ・コスモ)たちがいたく気に入り、酒と食糞のパーティーが始まってからの一連のシークエンスが本作のハイライトである。

ハンターに捕らえられたイアンを救うため、(水は投げて使い果たしたので)粉末スープを吸ってゾンビ的風貌と化したディーンとダンカンが駆け付ける。また、DJビートルートのラップと食糞で盛り上がった農夫たちがトラクターに乗って現れる。そこにテロとペドと都会のギャングと暴動の捜査にやって来た(食糞でハイ状態の)警察官二人(ケイト・ディッキーとケビン・ガスリー)まで加わり(彼らが「Oi! Wanker!」を「アッラーアクバル!」のスコットランド訛りと聞き間違えるのは流石に無理があったと思う)、事態は壮大なカオスと化す。ここでDJビートルートのラップがBGMとして流れ、意味不明に感動的ですらある。

映画の舞台は“ハイ”ランド。欧米人の“ハイ”への欲求は求道的とすら言える。本作で最も印象的なアイテムが“ウサギのフン”なのだが、農夫曰く「ウサギの好物のマジックマッシュルームが体内で発酵してブッ飛べる」とのことである。“ハイランドの秘密”や“農夫の度胸”と名付けられたドラッグでハイになる姿は非常に楽しそうなのだが、よく考えてほしい。いや、よく考えてはいけないのかもしれない。これは“フン”である。“糞”である。つまり、“ウンコ”である。

どんなに気持ちよくなると分かっていても、糞を口にできるものなのだろうか。コピ・ルアクやツバメの巣だって似たようなものなのかもしれないが、糞である。大便である。肛門から出てくるアレである。そもそも最初にウサギのフンを口にしたディーンは爆発させた大麻(ただのタール疑惑あり)がもったいないと地面を漁って食べているし、“大事件”の捜査にやって来た警察も糞や粉末スープを躊躇いなく口に入れている。彼らの衛生観念はどうなっているのか。三十郎氏が潔癖なだけなのか。

果たしてカーライル先生はどうしてパンを盗んだのだろうか。少しでも気の毒に思った気持ちを返せよ。

ゲット・デュークト !

ゲット・デュークト !

  • 発売日: 2020/08/28
  • メディア: Prime Video