オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『ゾンビ・ガール』

Burying the Ex, 89min

監督:ジョー・ダンテ 出演:アントン・イェルチン、アシュリー・グリーン

★★★

概要

死んだ恋人が墓から蘇る話。

短評

「恋人はゾンビ!」なゾンビ映画。ロマンチック・ゾンビが登場して「ゾンビが恋をしてもいいじゃない!」となる『ウォーム・ボディーズ』とは異なり、「ゾンビとの恋は無理」というコメディである。怖いし、臭いし、新しい(巨乳)彼女ができそうだし、そもそも生きてる時から別れたかったし。以前観た時には魅力的な設定の割に盛り上がらなくて退屈だと感じたのだが、今回はそこそこに笑って楽しめた。これは明らかにアレクサンドラ・ダダリオのファンとなったことが影響しているだろう。劇中に登場する二本の映画、『私はゾンビと歩いた!』と『ゴア・ゴア・ガールズ』が色々な意味で気になった。

あらすじ

ホラー・ショップで働くマックス(アントン・イェルチン)にはエヴリン(アシュリー・グリーン)という恋人がいる。彼女はとても美しく、セックスも抜群だったが、狂信的なエコロジストであり、ヴィーガンであり、その上強烈な嫉妬心の持ち主であった。彼女の束縛に耐えきれなくなったマックスは別れ話をしようと呼び出すと、エヴリンが目の前で事故死。後悔に暮れるマックスだったが、ホラー趣味を共有するオリヴィア(アレクサンドラ・ダダリオ) と出会う。しかし、悪魔ジーニーの力で蘇ったエヴリンがゾンビになって戻ってきてしまう。

感想

店内でのコスプレセックス(ナース)には応じてくれるものの、自分の店を持つという夢を否定され、毎日豆腐を食わされ、他の女と会話しただけで「浮気男!」と激怒される。「あなたを失うのが怖いの……」としおらしくなったかと思えば、部屋をグリーンに染め上げてお宝ポスターに折り目をつける。エヴリンは確かにセクシーで美しく、それでいて一途という理想の恋人だが、感性が合わないのは致命的欠点である。

そんな彼女が幸運にも(?)死んでくれて、次に現れるのが、趣味がバッチリ同じな上に、外見も同等以上の美女という僥倖。サエない外見の半弟トラヴィスの方が何故かモテるという設定だが、マックスは明らかにモテている。たとえ片方がゾンビであろうとも美女二人の板挟みになって困るなんて、三十郎氏に言わせれば“自虐風自慢”である。エヴリンは生前から独善的かつ凶悪な性格だったが、復活後には外見も性格も凶悪度が増していく。しかし、そんなゾンビを“活き活きと”演じる姿が逆にクセになる。

マックスとオリヴィアの墓場デート。ハロウィンの日に墓地で『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の上映会をするなんて。とびきりロマンチック(?)である。アメリカでも実際にできるのかは知らないが、日本だと間違いなく「罰当たり!」との批判が飛んできて中止だろう。マックスはいつもヘルメットを欠かすことなくキックボード移動しているのだが、このデート後にオリヴィアの車で交わり(同時並行でトラヴィスがエヴリンと“くんずほぐれつ”していて笑える)、出ていく時にはヘルメットをしていない。男らしさを獲得したのだ(?)

オリヴィアのアイス屋が『アイ・スクリーム』なのは『氷菓』と同じダジャレか。意外と定番のネタだったりするのだろうか。

ラヴィスがトゥインキーの賞味期限を気にするシーンがある。『ゾンビランド』からの引用だろう。まさかあのお菓子がゾンビ映画を象徴するアイテムになろうとは。トゥインキーが出てきてもそれしか思い浮かばない。一度は食べてみないとなあ……。トラヴィスは、酔い潰れたエヴリン(死)を目撃して「事が済んだら墓に戻せよ」と言ったり、「ゼブリン」と命名してドヤ顔したりと、なかなか良いキャラだった。

エヴリンは首が折れても“直す”(≠治す)ことができる。頭を刺しても死なず、どうやって退治するのかと思ったら、腹を刺すだけでOKなのは残念だった。ホラー映画好きが主人公のゾンビ映画なのだから、設定にはこだわってほしい。ゾンビ的な描写で好きだったのは、エヴリンが豪快にゲロ(=防腐液)を吐き出すシーン。EDロール後にメイキング映像が流れる。

アレクサンドラ・ダダリオがYoutubeにチャンネルを開設している。最新の動画はプールで遊びながら友人と会話するだけという面白くもなんともない企画なのだが、カメラをセッティングする時に画面におっぱいが大写しになるという素人らしいプロフェッショナルな仕事を披露している。ハリウッド・セレブとは思えぬYoutuber的なアクセス稼ぎである。プールで涼を取りつつ、身体の一部を熱くさせてバランスを取る。身体の冷えを万病の元とする東方医学の理解者なのだろう。

ゾンビ・ガール(字幕版)

ゾンビ・ガール(字幕版)

  • 発売日: 2016/04/06
  • メディア: Prime Video
 
私はゾンビと歩いた! Blu-ray

私はゾンビと歩いた! Blu-ray

  • 発売日: 2019/11/29
  • メディア: Blu-ray
 
ゴア・ゴア・ガールズ (字幕版)

ゴア・ゴア・ガールズ (字幕版)

  • 発売日: 2017/02/27
  • メディア: Prime Video