オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『シンプル・フェイバー』

A Simple Favor, 116min

監督:ポール・フェイグ 出演:アナ・ケンドリックブレイク・ライヴリー

★★★

概要

ママ友が失踪する話。

短評

コメディ色が強めのミステリー映画。トリック自体には意外性を感じないものの、女二人の騙し合いとも戦いとも一種の仲間意識ともつかない駆け引きが非常に楽しく、トリックそのものとは別に結末に至るまでの二転三転には意外性を感じた。主人公の二人が二人ともそれなりに怪しくて、映画を観ながら「もしかしてこうではないか?」と色々と考えるのだが、それを活かしつつも騙すという構図になっている。ビジュアル的にも性格的にも対照的な美女二人の共演も楽しい。

あらすじ

息子が同じ学校に通っているという縁で知り合ったステファニー(アナ・ケンドリック)とエミリー(ブレイク・ライヴリー)。死んだ夫の生命保険で暮らすvlogger(ビデオブログ)のステファニーとニューヨークのキャリアウーマンであるエミリーは対称的な存在だったが、徐々に仲良くなっていく。ある日、「仕事でトラブルがあったから息子の迎えを頼む」と言い残したままエミリーと連絡が取れなくなってしまい……。

感想

最初に考えるのは、子育てに対して積極的でなさそうなエミリーがステファニーに面倒を押し付けて逃げたというものである。ママ友ダレン(男)からも「タダでこき使われてる」と指摘されていたように、ステファニーは自分とは住む世界の違うクールな友人ができて舞い上がっている感が強く、エミリーにとっては“都合の良い女”なのではないかと思った。そこでエミリーの死体がご登場である。

次に考えるのは、実はステファニーの策略なのではないかというもの。二人が秘密を打ち明け合う時に、彼女は“ブラザー・ファッカー”の事実をキス止まりとボカそうと──嘘をつこうとしている(エミリーに見抜かれる)。つまり彼女は信用に足る語り手ではない。父の葬儀後に腹違いの兄と交わり、友人の葬儀後に彼女の夫と交わるステファニー。上述の“舞い上がり”と併せて考えれば、彼女がエミリーの地位を奪うべく何かしたのではないかと。ちょっとウザいけど人が良すぎるタイプかと思いきや、意外にもしたたかなのではないかと。しかし、彼女が事件をブログで拡散し、エミリーの謎を追っていくので、これも違うということになる。

三十郎氏はこうやって穿った見方ばかりをするが、事件の真相は割とシンプルである。実は死体がエミリーの双子の妹というのは、少々卑怯なようで、同時にありきたりでもある。しかし、エミリーとステファニーの二人のキャラクターから要らぬことばかりを考えた結果、逆に意外性を感じられて、素直に受け入れられてしまった。死んだはずのエミリーの生存や夫ショーンによる生命保険殺人の“匂わせ”も余計なことを考えさせるための餌として上手く撒かれており、観客を混乱させるのに一役買っていた印象である。また、二人のキャラクターがどちらも読み切れないため、真相とは別に展開を読めないという面白さもある。

更にその結末を許せてしまう決定的な要素は、本作がコメディだという点である。ドレスが脱げなくて警察に疑われそうになったり(ドレスをハサミで切った時のブラジャー姿よりも、個人的には寝起きの薄着と谷間の方が好き)、殺人を偽装して真相を引き出そうとしたり(バレバレ)、真相の露見後に犯人が逃げるといったシーンに、必ずコメディらしいオチがついている。真面目にツッコむのは野暮だと思える軽さと、それなりにちゃんと見られる展開力のバランスが良かった。ゴリゴリのギャングスタ・ラップを歌いながらドライブするアナ・ケンドリックの可愛さである。

ファッション・ショーから抜け出してきたような服装のブレイク・ライヴリーが見所である。最初にステファニーを家に招いた時の、ジャケットを脱いだらインナーがノースリーブでシャツの袖をアクセサリーみたいに装着しているというものも面白かったが、墓場で再会を果たす時のファッション(パッケージ写真のもの)が衝撃的である。なんとジャケットの下が素肌である。横乳がチラチラしている。コンセプトを披露するためのショー以外でこの着こなしをする人がいるなんて。はだけてしまわないように両面テープでも貼っていたりするのだろうか。あの時点では目立ちたくないだろうに男性の視線を必ずや釘付けにしてしまうだろう。突風によるハプニングを期待する下心的にも。「ヤバい人だ……」という危機意識的にも。彼女の妹フェイスは更にヤバい人で、湖で泳ぐのにロッジで服を脱ぎ捨てて全裸で森を駆け抜けるというサービス精神だった。布が嫌いな姉妹なのか(姉はアパレル業界なのに)。

序盤はフォロワー数263人だったステファニーの弱小ブログが、最終的にはフォロワー数100万人の人気ブログへと成長している。特に後半の伸びが凄かった(身近な人が失踪した弱小ブロガーの皆様はお試しを)。結果的に事件を利用したことを考えると、やはり彼女はしたたかなのであった(対するエミリーは逞しさか)。

シンプル・フェイバー(字幕版)

シンプル・フェイバー(字幕版)

  • 発売日: 2019/07/10
  • メディア: Prime Video
 
ささやかな頼み (ハヤカワ・ミステリ文庫)

ささやかな頼み (ハヤカワ・ミステリ文庫)