オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『蒼い衝動』

L'iniziazione(Exploits of a Young Don Juan), 100min

監督:ジャンフランコ・ミンゴッツィ 出演:ファブリス・ジョッソ、セレナ・グランディ

★★

概要

童貞少年が性豪に成長を遂げる話。

短評

冷静に振り返ると少し怖い桃色コメディ。戦争で男たちが兵隊に取られ、村に一人だけ残された“男”となった少年が、次から次へと女性を籠絡していく話である。序盤は童貞的空回り感が光るが、中盤以降はほとんど女性の方から求めてくるようなボーナスタイムとなるので、セックスに辿り着くための盛り上がりに欠けていたと思う。あまり面白い話ではないが、男なら一度は憧れるハーレム・シチュエーションである。

あらすじ

夏休みに実家へ帰省したロジェ。お年頃の少年である。使用人もメイドも皆好き放題にヤリまくっているのに、彼にだけは一向にチャンスが訪れず、一人悶々とした日々を過ごしていた。ところが、戦争が勃発して村の男たちは皆出征。村に残された男はロジェ一人(正確にはもう一人)。童貞少年に千載一遇の好機が訪れる。

感想

邦題を「青い」ではなく「蒼い」としたのは、筆下ろしがメインイベントではないからだろうか。本作だけを観ても分からないが、原作は『若きドン・ジュアンの冒険』で、稀代のプレイボーイとして名高いドン・ファンの少年期を描いたものらしい。というわけで、筆下ろしを済ませた後のロジェの性生活が凄いことになっている。

マットレスの運搬を手伝う振りをして巨乳の使用人ウルスラ(セレナ・グランディ)と寝室で二人になり、遂にロジェは待望の瞬間を迎える。ウルスラはロジェに青姦を目撃されても平気なくらいには奔放な女性なので、男がいなくなって飢えているわけである。感動の初体験を終えて「ずっとやってたい。愛してる。結婚しよう」と可愛げのあるピュアボーイぶりを見せるロジェだったが、未来のドン・ファンは一人で満足しない。

次の相手は、妹ベルタ(ヴィルジニー・ルドワイヤン。デビュー作!)の教育係ケイト(マリオン・ピーターソン)。お淑やかなイギリス人女性である。卑しい農夫に覗かれる心配がなくなって、彼女が川辺で涼んでいると、ロジェが全裸で泳いでくる。そのまま交合である。このシーンでは川の水でワカメ水(?)をしており、英国の変態文化に触れることができる。

次の相手は、叔母のマルゲリータ(ベランジェール・ボンヴワザン)。神父に「甥に興奮しちゃって……」と告解するイケない叔母さんである。彼女を口説き落とすのは容易い。彼女を慕うフランクが扉の外で愛の言葉を語る一方で交わるという寝取りプレイだった。

次の相手は、メイドのエリーヌ(ロゼット)。毎晩ハーブティーを運んでは正体不明の男に後ろから突かれていた彼女だったが(後で出征者から逆算して犯人が判明)、これを恨めしく眺めていたロジェも同じスタイルで交わる。茶器をガタガタと揺らしながらも、決して落とさないメイドの鑑だった。彼女が農夫と交わるシーンで、「助けて!……待って!……行って!」と変化するのが笑えた。

そして、次の相手が問題。姉のエリザ(アレクサンドラ・ヴァンダヌート)である。馬小屋で声を出せない状況で姉に迫り、「バレないから大丈夫」と告げれば、彼女の方から得意の騎乗位で迫ってくる。三十郎氏は近親相姦に抵抗を覚えるが、本作には「近親相姦はいけない」という価値観そのものが存在していないようだった。

これで母親とミュラー夫人以外の女性はコンプリートとなり、ロジェは三人でしたり四人でしたりと奔放過ぎる生活を送る。そうしていると、なんと姉エリザを含む三人が妊娠する(後から追加でもう一人)。しかし、時は戦時。国のために産めよ増やせよという価値観がまかり通っており、それぞれに夫を見つけて責任を取ったということになる(エリザには婚約者がいるので赤マニキュアで処女を偽装)。そんなのありか。出征者の帰還によりロジェのハーレム生活が危機を迎えるのかと思ったが、彼の夏休みもそこで終了となり、街で新たな女たちを求めそうな雰囲気で終劇だった。いつまでも托卵作戦が上手くいくとは思えないが。

童貞卒業前はピュアだったロジェに対して、おマセな妹のベルタちゃん。一戦終えて部屋から出てきたロジェに「誰と?」「よかった?」と直截な質問を投げかける(ロジェなんて最初はセックスを理解していなかったのに)。特に自分の教育係であるケイトとしたのかが気になる様子だった。姉に手を出したので、もしや幼い妹までをも……と心配したが、流石に彼女は大丈夫で安心した。しかし、ラストショットからしていずれは……。

蒼い衝動 無修正 HDリマスター版 [DVD]

蒼い衝動 無修正 HDリマスター版 [DVD]

  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: DVD
 
若きドンジュアンの冒険

若きドンジュアンの冒険