オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『独裁者』

The Great Dictator, 124min

監督:チャールズ・チャップリン 出演:チャールズ・チャップリンポーレット・ゴダード

★★★★

概要

独裁者と彼に瓜二つな理髪師の話。

短評

三十郎氏にとってのチャップリンと言えば本作である。ヒトラーを模した独裁者に扮する彼の姿は、本編を観ていない人も誰でも知っていることだろう。三十郎氏が以前本作を観たのは二十年近く前──中学生の頃だったと記憶しているが、今改めて観ると、ユダヤ人迫害描写の生々しさに驚かされた。また、アメリカが欧州戦線に参戦するよりも遥か以前にこれだけの危機感を持った作品を製作した視点の鋭さにも感心させられる。そんな社会的視座を有しながらも、いつも通りにしっかりとドタバタで笑わせてくれるチャップリンの凄さである。それだけに急に真面目になって投じられるド直球のメッセージが抜群に響く。

あらすじ

第一次大戦での敗色が濃厚となったトメニア国。従軍していた理髪師の男(チャールズ・チャップリン)は、負傷したパイロットのシュルツを助け、彼と共に重要書類を本国に届けるべく飛び立つ。しかし、飛行機が墜落し、書類は間に合わずに敗戦。理髪師は記憶喪失となる。理髪師が入院している間にトメニア国では政変が起こり、理髪師と瓜二つの男ヒンケルチャールズ・チャップリン)が独裁者として君臨するようになる。

感想

三十郎氏の記憶力は非常に軟弱である。本作についても色々と勘違いしていた。ヒンケルが風船の地球儀を弄ぶ有名なシーンは、入れ替わった理髪師が暇を持て余して遊んでいるくらいに記憶していたのだが、彼らが入れ替わるのは最後の演説シーンだけだった。ついでに言えば演説も“最後”ではない。ラスト・ショットは、絶望に打ちひしがれるハンナ(ポーレット・ゴダード)が演説の中で呼び掛けられ、彼女が希望と共に立ち上がるものである。言いっぱなしで終わりではなかったのだ。彼の叫びが人々に届き、それに応える人がいることが重要だったのである。こんな大切な事を見落としていたなんて。

ユダヤ人が突撃隊に迫害される姿には、生々しさとコミカルさの両方がある。理髪師が病院から脱走して戻るよりも以前、彼のいないゲットーでは、八百屋から野菜が「勘定はつけておけ」と強奪され、それを糾弾したハンナに「確かに盗むのはよくないな。じゃあ返してやろう」と投げつけられる。胸の痛むシーンである。ところが理髪師が現れると、辛い状況が滑稽に一変する。記憶喪失の彼は突撃隊や迫害のことを理解しておらず、そのギャップに周囲が振り回される。まるで彼が映画を通じてやっている事がそのまま表現されているかのようだった。

理髪師の方で面白いシーン三つ。第一に、ヒゲ剃りのシーン。男性が強制収容所に連れ去られて商売上がったりな理髪師が美容師への転身を勧められ、練習台となったハンナのヒゲをごく自然に剃ろうとしている。第二に、これもヒゲ剃りのシーン。ラジオから流れるブラームスの音楽に合わせた曲芸的ヒゲ剃りが愉快だった。第三に、ヒンケル暗殺計画の実行役を決めるシーン。焼き菓子にコインが入っている人が“当たり”なのだが、名誉ある役目をなんとか回避しようとする必死さである。

独裁者ヒンケルの方も負けてはいない。ヘリング元帥が持ち込む役に立たない新兵器(薄型防弾衣、小型パラシュート等)に落胆し、美人秘書に発情し、一度の作業時間が短すぎて一向に進まない肖像画のモデルになる分刻みのスケジュールをこなしている(封筒を閉じるための専属舌出し人がいる。彼は唾液を絶やさぬよう常に酸っぱいものを思い浮かべているに違いない)。バクテリア国の独裁者ナポローニと張り合う姿に象徴されているように(ここでもヒゲ剃り)、独裁者を徹底的に小者としてこき下ろしていた。この二人のやり取りでは、ナポローニの座る低い椅子が好きだった。

ヒンケルが演説時と感情が昂った時に用いるドイツ語風の言葉。恐らくデタラメに喋っているのだろうが、なんとなくドイツ語に聞こえる(「ダンケ・シェーン」は普通に喋っていた)。今だと他文化への敬意を欠くという理由で使えなさそうなネタである。独裁者への批判は自由になされるべきだが、ドイツ語の響きまでバカにするのは褒められないだろう。ナポローニもデタラメなイタリア語を話しており、全然脈略のない箇所に「サラミ!」という単語が登場するのが笑えた。

間抜けな戦争相ヘリング以外のもう一人の重臣、内務相ガービッチが、「国民の不満をユダヤ人に向けさせましょう」と怖いことを言っている。理髪師の演説の他にも、本作には現代にも通ずる非常に重要なメッセージが込められている。理髪師と独裁者の物語がそれぞれ独立しており、ほとんど交わらないのは少々物足りなさを感じさせるものの、本作は時代を超えた価値ある一作であり、それを届けられるだけの楽しさが詰まっている。

独裁者 The Great Dictator [Blu-ray]

独裁者 The Great Dictator [Blu-ray]

  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Blu-ray
 
独裁者(字幕版)

独裁者(字幕版)

  • 発売日: 2020/05/21
  • メディア: Prime Video