オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『生きうつしのプリマ』

Die abhandene Welt(The Misplaced World), 100min

監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ 出演:カッチャ・リーマン、バルバラ・スコヴァ

★★

概要

国境を越えた父のストーキングに娘が協力する話。

短評

非常に“どうでもいい”内輪揉めに付き合わされた気分である。「隠された過去が明らかになる」系の作品には良作が多く、ミステリアスな過去を巡る冒険自体が楽しかったり、歴史と結びついて思いがけもしなかった壮大さを感じさせることがある。しかし、本作は、構成の悪さから謎の解明が全く楽しくない上に、解き明かされた過去も「だからなんだ」レベルのものに終わっていた。癇癪爺のわがままなんかに付き合わなければよかったのに。バレエ用語だと思っていた「プリマ」にオペラの「プリマ・ドンナ」の意味があることが分かったのが最大の収穫である。

あらすじ

不人気クラブ歌手のゾフィ(カッチャ・リーマン)。父から呼び出しを受けて会いに行くと、昨年亡くなった母エヴェリンに瓜二つのオペラ歌手カタリーナをネットで発見したと言う。父の強引な要請によりゾフィはニューヨークへ飛んでカタリーナに会う。彼女が母とカタリーナの関係を探る内に、母の知られざる過去が明らかとなる。

感想

本作がつまらない最大の原因は、ゾフィの父パウルである。自分がカタリーナのことを気になって仕方がないのに、「飛行機が苦手だから」と無理やり娘を送り込む。この時点でろくでもない老人なのだが、更に悪いことに、この爺は情報を後出しするのである。ゾフィから報告を受けると「やっぱりか」といった具合で、カタリーナ本人にご登場いただくまでもなく本人の中では結論が出ていたような話なのである。

本作の主人公はゾフィであり、観客は彼女が謎を解き明かしていくものと期待する。ところが、実際に過去を明かすのはパウルで、娘による確認作業を経てから「実はこういうことがあってだな……」と語り出す。しかも小出しである。その度にゾフィは無駄足を踏むことになる。最初から全部話せよ。もったいぶるなよ。

こんな老人のわがままに付き合わされるゾフィも気の毒なのだが、あまり上手いとは言い難い彼女の歌唱シーンに三度も付き合わされた三十郎氏も十分に気の毒だと思う。ドイツのレストランでは「こんなシケた歌じゃ客が喜ばないだろ」と歌の途中で遮られてクビになっているが、ニューヨークで同じ曲を歌った時にはウケていた。アメリカの聴衆は温かい。彼女がカタリーナのエージェントに気に入られて話が都合よく転がるのだが、その展開に説得力を持たせられるような美女ではないと思う。

解き明かされた過去は、「母が結婚前からパウルの兄ラウルと二股を掛けていて、中絶したはずのパウルの子供を別の女に預けていた」というもの(ラウルの登場も後出し)。その子供が成長したのがカタリーナである。母娘が生きうつしにはならないだろう。それはともかく、この事実を確認したところでパウルに何の得があったというのか。ラウルは娘に会えてラッキーだったかもしれないが、カタリーナにとっても知らないままでよかったような話だし、あまりにも浅い“隠された過去”だった。あほくさ。なお、カタリーナと義母ローサは母娘ほど年齢が離れているようには見えず、違和感があった(実年齢12才差)。ゾフィも熟女であり、登場人物の関係が外見から掴みづらかった。

詰まるところ、事実を解明する「過程」も「事実」も両方がショボいという一作なのである。せめてどちらかは……。パウルとラウルの爺さまどうしの兄弟喧嘩はショボさが可笑しかったけれども。

生きうつしのプリマ(字幕版)

生きうつしのプリマ(字幕版)

  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: Prime Video