オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『殺人犯はそこにいる―隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件―』清水潔

概要

群馬と栃木の県境で起きた五件の誘拐殺人事件。

感想

どこかの書店(盛岡の「さわや書店フェザン店」)が表紙を隠した「文庫X」と売り出し、話題となったノンフィクション。日本にも気骨あるジャーナリストがいるのだと感心すると同時に、司法も行政もどうしようもないと暗澹たる想いに駆られる一冊である。

隣接する群馬県太田市と栃木県足利市で発生した五件の幼女誘拐殺人事件。その内の一件「足利事件」の犯人が逮捕され有罪判決を受けたことで、他の事件については真相が解明されないままに解決済みとなった。が、最後の事件は犯人逮捕に発生している。更に“犯人”・菅谷は無実を訴えて再審請求中である。「これらは個別の事件ではなく連続誘拐殺人事件なのでは?」という疑問を覚えた著者が事件を取材していくという内容。

著者は真犯人を特定したとしているが、残念ながら逮捕されないまま本書は幕を閉じる。今の所『殺人の追憶』のように後日談が生まれたということもないようである。その結末自体は本を読んでいる途中で察することができる。菅谷さんの冤罪確定後の紙幅が明らかに少なく、更に別の事件に話が飛ぶとなれば嫌でも察することになる。著者も「ここまで読めば、おわかりいただけただろうか」と記している。

というわけで驚きはないものの、被害者や被害者遺族のことを思えば、やはりやるせない。ここで感情的には「検察と真犯人許すまじ!早く逮捕しろ!」となるわけだが、三十郎氏は理性の人(=何にでも文句を言いたがる人)であるため、著者が「ルパン」を真犯人だと断じ、読者がそれに安易に追随することに対しては危うさを覚える。警察の捜査に間違いが起こりうるように、著者の取材にも間違いはありうる。警察、検察と同じく著者にも、あえて出していない情報もあるはず。裁判による客観的な審査のプロセスを経ない限りは、どんな確信があろうとも“真犯人”ではなく“有力な容疑者”に過ぎない。もっともその裁判のプロセスに欠陥があったのが本事件なので、なんとも言い難いところではあるのだが。

惨忍な事件が発生し、杜撰な捜査と組織防衛の論理により真相が闇に葬られた、というのが本書が主張しているおおよそのところだろう。三十郎氏はそれらをイニシャルで匿名出演している刑事や科警研の捜査員個人の責任に帰することはできないと考えている。三十郎氏は制度論者なのである。いかに彼らが悪辣であるかを知らしめ、仮に彼らを追放したところで、組織の方が変わらない限りは同じ間違いが起こり続ける。組織の利益に照らせば、彼らは有能そのものなのだから。

日本が先進国を自称したいのであれば、取り調べの可視化と記者クラブの解散は不可避ではないだろうか。現行体制にどっぷり浸かった者たちはメリットを強調するだろうが、デメリットとリスクが大き過ぎる。自白の強要に頼らなければ事件の捜査が満足にできない警察や、親鳥が餌をくれるのを口を開けて待っているだけのひな鳥と化したメディアは、不要であるどころか有害ですらある。従来の手法に替わる工夫ができないという旧人類には、そろそろご退場いただく時期が来ているのである。

著者は死刑制度自体には反対していないとのことだったが、彼が冤罪の可能性を強く示唆している「飯塚事件」(プリウスアタックじゃない方)が証左となるように、裁判での間違いが起こりうるという前提がある限りは、不可逆刑たる死刑も廃止すべきというのが筋ではないか。「悪人には相応の罰を」という処罰感情は理解できるし、自分が冤罪被害の当事者として死刑に処される恐怖は実際にその立場になってみなければ実感できないだろうが、無実の人を殺すというリスクを取ることができるほど検察や裁判所の判断は信用に足るものなのだろうか。

科警研(科捜研の総本山的なもの)で滅茶苦茶なDNA鑑定をやっているS女史という人物が登場する。このイニシャルは本名に即しているのだろうか(違うとすれば狙っているのか)。科捜研のS女史と言えば、あの人である。(見たことはないが)ドラマでは頼りなるであろうS女史も、現実では散々である。

殺人犯はそこにいる (新潮文庫)

殺人犯はそこにいる (新潮文庫)

  • 作者:清水 潔
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/05/28
  • メディア: 文庫