オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『ゾンビサバイバルガイド』マックス・ブルックス

The Zombie Survival Guide: Complete Protection from the Living Dead/Max Brooks

概要

ゾンビ・アポカリプスを生き抜くためのハウツー本。

感想

世界にゾンビが溢れた時に備えて一家に一冊は必携しておきたい本である。と言っても、世界にゾンビが溢れてしまってからでは時既に遅し。ゾンビ発生前の準備が重要なのである。本書にはゾンビ社会での行動規範をはじめとして、武器や装備品の具体的なメリット・デメリット、何処に逃げるべきかなど、ゾンビ・アポカリプスを生き抜くためのハウツーが網羅されている。

映画で見かけるゾンビには様々なタイプがあるが、本書に登場するゾンビは、ヤン・ヴァンダーヘイヴン博士が発見した“ソラニュウム”なるウィルスに罹患した人間を指す。それは前頭葉を破壊して人間を一度死亡させ、その後ゾンビとして蘇生させる。第一章にはゾンビの能力や定義の詳細が記されている。敵と戦うには、まず敵を知らねばならない。前頭葉を破壊されたゾンビが元の人間を上回る身体能力を持つことはなく、知能は虫以下である。しかし、彼らは痛みや疲労を感じることがない。これらをはじめとする特徴を頭に叩き込んだ上で対策を練らなければないない。

ゾンビと戦う武器については近接格闘、投石・弓矢、銃器等に分け、それぞれについて思いつく限りの種類についてのメリット・デメリットが挙げられている。最も重要な武器は当然銃なのだが(著者のお勧めはセミオートライフル)、これは日本では入手しづらいという問題がある。ゾンビの発生が不安で夜も寝られないという日本人は、狩猟免許を取得して猟銃を入手することもできるが(競技用ライフルの威力はどうなのだろう)、アメリカとは異なり弾薬を入手しづらいという別の問題もある。クロスボウを購入しておくのが一般的な落とし所になるだろうか。しかし、数が少ないだけに、銃があれば対人戦で圧倒的に有利になるという独自のメリットもあるだろう。ゾンビ・パニックでは略奪者たちとも戦うことになるし、生きるために略奪者にもなることも容易い。

メインウェポンとなる銃やクロスボウ以外に、近接格闘用のバールを購入しておこう。刺す、殴る、壊すとゾンビと戦う以外にも万能の武器である。サメ退治には有効なチェーンソーだが、音がゾンビを呼び寄せてしまう上にバッテリーが切れれば役立たずになるのでお勧めできない。

わざわざゾンビの跋扈する危険な外に出るよりも、最優先なのは自宅の守りを固めることである。二階建て以上の住宅に住んでいるのであれば、階段を破壊して二階に籠城しよう。ゾンビは阿呆なので二階に登る術を持たない。自宅が襲撃を受ければ逃げるしかないのだが、定番のショッピング・モールは人とゾンビの両方と戦う羽目になる。食料が豊富そうなスーパーマーケットも、『ミスト』に見られるようにガラス窓を突破される危険があるのでよくない。背の高い柵があり、二階建て以上の丈夫な建物は学校である。最も安全なのは海上の石油掘削施設とのことだが(魚が釣れるし、蒸留もできて水が尽きない)、ここにたどり着くのは無理だろう。

ゾンビ・パニックが短期間で収束しなかったなら、都会に留まるのは危険である。ゾンビとなりうる人間が多く、ゾンビが突然現れうる死角も多い。地上部隊による掃討作戦が無理と判断されれば、爆撃で街ごと灰燼に帰すかもしれない。ゾンビが心配な人は田舎に住む方が良い。対ゾンビ住宅を建てるのも都会よりは容易だろう。

様々なゾンビ対策が記されているので心強い一冊かと思いきや、読んでいる内にゾンビ・アポカリプスを生き抜くは無理だと思えてくる一冊でもある。有効な武器や対応の仕方を知っていても、本人の体力や精神力がついてこなければ意味がない。日頃から身体を鍛え、恐怖に打ち克つ心構えをしておく必要がある。コロンバスも有酸素運動を第一のルールに挙げている。

第七章の事例集には全て元ネタがあるのだろうか。ハルビンでの日本軍によるゾンビ繁殖実験は731部隊が元ネタだろう。歴史の闇に葬られているが、現実社会にもゾンビの存在を匂わせる記録が多数残されているのである。現在話題の新型肺炎も実はゾンビウイルスかもしれない。政府が対応を誤ればゾンビが世界に解き放たれる。備えよ。

ゾンビ・アポカリプスに最適な髪型はハゲである。人類がゾンビ・アポカリプスを乗り越えて再興を果たしたならば、きっと皆ハゲているに違いない。フサフサとかいう劣悪遺伝子の持ち主は死んでしまえ。

ゾンビサバイバルガイド

ゾンビサバイバルガイド