オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『本と鍵の季節』米澤穂信

概要

二人の図書委員が解く日常ミステリ。

感想

スイスイと読み進められる文章と謎解きは気に入ったが、米澤穂信の作品にしては珍しくドラマの部分が不満だった。本書は六つの短編から成るが、どれも「苦い後味が残る」というよりも「不穏な終わり方にするために話を作った」という印象を受ける。紛れもない日常ミステリなのに、謎に対してオチが日常の枠外にハミ出し過ぎている気がする。

恐らく本書から一話だけを取り出して読めば、そこまでの違和感は覚えないだろう。「青春って苦いなぁ」くらいの軽いビター感が残るはずである。同著者の『満願』のように、全く別の話が集められたアンソロジーでも問題ない。ところが、本作は同じ人物が毎回後味の悪い事件に巻き込まれにいく。そこにはどうしても作為が感じられる。拭えない作り物感である。分かりやすい作り話とドラマが共存し得ないわけではないが、そこにはより強い寓話性が必要となる。

堀川と松倉のダブル探偵という設定は面白かった。キャラクター自体には(特に松倉に)漫画的な安直さがあるものの、ホームズ・ワトソンに近いと思われた二人の関係が、互いの欠点を補い合う探偵コンビへと変容する。その設定は好きだったが、『氷菓』の奉太郎のように周囲の影響で変化することなく、ほとんど完成されてしまっていたキャラクターは、青春ものの主人公としては弱かった。二人の会話の中では「二人で髪を切りに行く行為は、連れションに類似する」というものが気に入った。

『昔話を聞かせておくれよ』と『友よ知るなかれ』は地続きの話なのだが、前者は「小説すばる」に掲載、後者は書き下ろしである。前者を読んでいる時点で、駐車場の件については明確に疑いの余地があり、後者で謎が明かされる。これは元々単行本で決着をつけるつもりで前者を書いていたのだろうか。それとも単行本化する際に加筆・修正されてのだろうか。

本と鍵の季節

本と鍵の季節