オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『ロード・トリップ』

Road Trip, 93min

監督:トッド・フィリップス 出演:ブレッキン・メイヤーエイミー・スマート

★★★

概要

手違いで恋人に送った浮気の証拠映像を取り戻すためニューヨークからテキサスへの珍道中。

感想

ハングオーバー!』のトッド・フィリップス監督作品。本人も長距離バスの車内でエイミー・スマートの足の指を舐めようとする変態役で出演している。

メッセージ・ビデオと取り違えて送ってしまった浮気相手との行為の記録が恋人の手に渡る前に取り戻そうというロードムービーロードムービーというのは道中の出来事が重要なのであって、辿り着いた先には何もないというのは潔い。

ハングオーバー!』の監督だけあって下品な笑いが満載である。下ネタもいっぱい、おっぱいもいっぱい。ショーン・ウィリアム・スコット演じるELが前立腺刺激による射精(いわゆるメスイキ)にハマるシーンは爆笑もの。

巨漢の黒人女性相手に童貞を捨てる気弱なカイルもいいキャラをしているのだが、流石にザック・ガリフィアナキスのような強烈な個性はない。

トッド・フィリップスの次回作『Joker』はコメディではないのだろうが、どのような仕上がりになるだろう。

ロード・トリップ (字幕版)

ロード・トリップ (字幕版)