オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~』

Yoga Hosers, 87min

監督:ケヴィン・スミス 出演:リリー=ローズ・デップ、ハーレイ・クイン・スミス

★★

概要

二人の女子高生がナチスの残党と戦う話。

あらすじ

コリーン・C(リリー=ローズ・デップ)とコリーン・M(ハーレイ・クイン・スミス)、二人のコリーンがスマホ片手に働くコンビニはナチス・カナダ支部の跡地だった。現代に蘇ったナチス相手に特技のヨガで立ち向かう。

感想

『Mr.タスク』という映画のスピンオフらしいが、観てみようと思わない程度につまらなかった。ミニナチとの戦いで面白いのは、電子レンジで爆殺するところくらい。

脇役はやたらと豪華である。リリー=ローズの両親、ジョニー・デップ(顔だけでは分からないが、声は完全にジョニー・デップ。吹替版だと気づかないだろう)とヴァネッサ・パラディをはじめとして、スタン・リーまで出演している。Epic Meal Timeという食べ物で遊ぶYoutubeのチャンネルに出演するハーレイ・モレンスタインも出演している。彼はトレイットペーパーを買ったのでトイレットペーパー男と名付けられる。最近はあまり見ていないが、好きな動画はこちら。

リリー=ローズじゃない方のコリーンが引き立て役に使われていて気の毒に思ったのだが、調べてみると監督の娘らしい。娘たちを映画業界へ送り込むためだけに製作されたとしか思えない親バカ身内映画である。いっそホームムービーとして関係者の間だけで封印しておけばよかった。眠っていたナチスを蘇らせるよりも罪深い。

Hoserはカナダのスラングでバカという意味。