オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。なお、実態はほぼ映画である。

『AMY エイミー』

Amy, 127min

監督:アシフ・カパディア 出演:エイミー・ワインハウス

他:アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞

★★★

概要

2011年に死去したエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー。

感想

三十郎氏のエイミー・ワインハウスについての知識は、アークティック・モンキーズが“You Know I'm No Good”をカバーしたという程度のものであり、27クラブ入りのニュースに触れた時も「また一人ヤク中が死んだか」という雑な感想を抱いたものである。

エイミー・ワインハウスにあまり関心はなかったが、彼女の歌詞がどのような実体験に基づいているものかが分かったり、死に至るまでどのように追い詰められていったのかが分かるように上手く描かれていて、映画自体は興味深かった。

27クラブはブライアン・ジョーンズジミ・ヘンドリックスカート・コバーンの三大巨頭を擁するが、エイミー・ワインハウスも死後の人気を維持して伝説になれるだろうか(ブライアン・ジョーンズは本人よりもバンドの人気のおかげという気もする)。27クラブと言えばミュージシャンのイメージだが、最近だとJ・J・エイブラムス版の『スタート・レック』シリーズ等に出演している俳優のアントン・イェルチンが名を連ねている。

AMY エイミー(字幕版)

AMY エイミー(字幕版)