オーガナザイズド

ONE OF THESE DAYS, I'M GONNA GET ORGANIZ-IZED.

『ディセント』

The Descent, 95min

★★★

あらすじ

怖い地下探検の話。

感想

洞窟という唯一無地の舞台が素晴らしい。出口の分からない洞窟に閉じ込められたというだけで十分に恐ろしいシチュエーションなので謎の地底人が本当に必要なのか疑問に思ったが、『サンクタム』より本作の方が面白いのできっと必要なのだ。

劇場公開当時に地底人が登場したときは「ゴラムだ!」と思ったものだが、どちらかと言うとオークに近い。全身の毛がなく灰色の肌を持った怪物の元祖は何なのだろう。

洞窟という暗闇を舞台とした時、登場人物たちと同様にカメラマンも明かりに悩まされる。リアリティを求めるなら、登場人物の持っているライトや松明を表現する程度の照明か赤外線カメラしか使えない。本作では割り切って照明を焚いているので、登場人物の行動と映像に矛盾があったりもするのだが、映画的にはこれで正解だと思う。

『ディセント2』は正式な続編だが、『ディセント ザ・ダークサイド』は全く無関係なので気をつけよう。なお『ディセント2』の方もイマイチである。