オーガナザイズド

三十郎氏は映画とカメラと旅について語りたい。

『センター・オブ・ジ・アース』

Journey to the Center of the Earth, 92min

★★

あらすじ

楽しい地下探検の話。

感想

日本では初めて全国公開された3D映画ということで、3Dを意識した演出が随所に見られる。また、テーマパークのアトラクションが原作となっているため、トロッコやボートのような受動的な移動のシーンが多い。

ハンナを演じたアニタ・ブリエムが本物のアイスランド美女なのはポイントが高い。

ジュール・ヴェルヌはいつか読もうと思いながら未読である。きっかけがない。